バーチャルリアリティの医療分野での活用

バーチャルリアリティの医療分野での活用

スポンサードリンク

バーチャルリアリティが医療分野で力を発揮しています。
その最たるものとしては、バーチャルリアリティトレーニングシミュレータがあります。
例えば、手術内容をバーチャルな画像で、シミュレータすることで、より確実なトレーニングをすることができます。
プログラムを設定することで、レベルアップもすることができます。
短期間の集中的な研修だけではなく、日常的にも医療現場でのバーチャルリアリティ技術で、レベル保持のための技術を持続することが可能になります。
特に海外の医療現場では、当たり前とされるバーチャルリアリティのトレーニングシステム。
日本の医療現場でも常識とされることでしょう。

日本でのバーチャルリアリティ

バーチャルリアリティの技術が日本の医療分野で応用される中に、遠隔地においての診断の発展があります。
実際の画像を、パソコンを通じて、同じ情報を共有することで、ネットワーク上での、技術開発が可能になりました。
三次元立体可視化による教育、診断制度の向上などの期待できる医療分野の開発が、今後花開くようになります。
また、仮想病院構想なんていうものもあり、医療分野でのバーチャルリアリティの拡散は、果てしないと言われています。

バーチャルリアリティが人間を支配する

バーチャルリアリティの世界を脳や神経の働きに変えて、人間を動かす、そんな未知の世界の研究も始まっています。
もちろん同時にロボット開発分野でもバーチャルリアリティは進められてていますが、人間の体そのものが、バーチャルリアリティになってしまう、そんな時代もやってくるのでしょうか?

バーチャルリアリティの医療分野での活用についての情報

スポンサードリンク