3Dを使ったバーチャルリアリティ

3Dを使ったバーチャルリアリティ

スポンサードリンク

バーチャルリアリティの進化系、3Dによる現実世界と仮想世界の融合が、現実のものとなっています。
その代表とされるのが、MR技術のMREALです。

 

MREALはヘッドマウストディスプレーの左右に搭載されたカメラ。
それを見ることで、その人目線で現実世界を映像として取り込みます。
それをコンピュータに取り込み、CG合成。
その合成の映像をヘッドマウストディスプレーで見直すことで、新しい世界が見えるというもの。

 

自分が見ていた映像を見るというものですが、自分の感動した視界のものが、映像として再生されるものをみることで、臨場感が違うと言われています。
コンピュータの合成というバーチャルリアリティをみること、本物ではないけれど、すごい本物を見ているという実感。

見たものをバーチャルリアリティ?

これは、見る視線を変えられるというメリットがあります。
片方しか見られないものでも、3D映像としてとりこむことで、見えなかったものも見られるようになるという非現実的なことが実現。
まさに、自分の見たものに体験ができるという不思議なことができるのがバーチャルリアリティということになります。
こうした技術の開発で、バーチャルリアリティの本気が伝わるものになりました。
何ができるのか?3Dの現実を目の当たりにすることになります。

3D眼鏡、体験した?

とにかく一度体験をすることをオススメします。
3D眼鏡しても、体験者はまったく違うものが見える現実に、賞賛の声が上がってしまうのも無理のないことでしょう。
これからのバーチャルリアリティと3Dのシンクロ、益々期待です。

3Dを使ったバーチャルリアリティについての情報

スポンサードリンク