バーチャルリアリティの例

バーチャルリアリティの例

スポンサードリンク

バーチャルリアリティが使われている例として、身近なものなら、写真技術があります。

 

デジタルカメラで、撮影した空間画像から、3Dの空間を生成させる技術。
もちろん誰でもできる簡単な編集ツールを使用することで、立体画像を作ることができます。
それを、多方向からの視線で、建物として空間として観察することができます。
それにより、部屋などのレイアウトに応用することができます。

 

この大きな特徴として、遠近法による可視化の技術が始まりですが、最初は一方通行のものでした。
それが、バーチャルリアリティとなると、双方からの3D技術が実現。
その技術がいよいよ一般的になってきたと言われています。

簡単にバーチャルリアリティを体験

バーチャルリアリティを作るということは、より本物近づけるためには、子供だましではいけなかったのですが、それしかできないのが現状でした。

 

しかし、最近の技術では、しっかりとした3D画像でのバーチャルリアリティが見られることができ、専用アプリ、編集技術も良くなっているとされています。

 

あとは、どこから手を付けられるか?ということと、オリジナリティーを持たすことができるか?という研究段階に入っています。

堅実と仮想の世界

仮想現実が現実であると誤解をするほどの技術になってきたということなのですが、感情移入をしてしまい、仮想世界で遊ぶことで、アイデンティティをもつなんていうことも起きていることは確かです。
そんなはずではない人間、ということですが、生身の人間がコンピュータに操縦される?とい時代はすでに始まっているのかもしれません。
それは、バーチャルリアリティの本質とは違うかも?

バーチャルリアリティの例についての情報

スポンサードリンク