バーチャルリアリティ学会

バーチャルリアリティ学会の活動内容

スポンサードリンク

バーチャルリアリティ学会は、平成8年に設立されたもので、平成17年にはNPO法人になっています。
具体的な活動として、紙上、ネット上においての情報発信、会合、フォーラムや講習会の開催などがあります。

 

また、学生との共催のイベント、人工現実感研究会、国際的な活動ももちろんあります。

 

多くの方にバーチャルリアリティ学会の存在を知ってもらうために、様々な活動を通して、広くコマーシャルを行っています。

 

今やバーチャルリアリティの用途としては、単なる興行だけ為のものではありません。
ソフトウエア作成の上ではもちろんのことですが、制御関係、医療など、バーチャルリアリティそのものが人間の生に役立つものとされてきています。
様々な用途に関しては、本管としてのバーチャルリアリティ学会があることで、正しい情報伝達が必要とされています。

新分野の開発

バーチャルリアリティの基礎は、コンピュータグラフィックなどでの科学技術とデザインなどの芸術の融合があります。
これをあえて総合科学と命名し、新しい学問分野の形成を休息に発達させています。

 

日本においてのバーチャルリアリティ学会の活動は、10年も過ぎ、一つのターニングポイントとされています。
そこで、人工現実感の研究に本格的に手を付けようという時代に突入しています。

人工現実感という産業

人工現実感を産業にするという壮大なゆめがありますが、これをバーチャルリアリティと単に片付けてしまうのには、一つの段階を越えて行くと言われています。
もはや官民だけではなく、産業も巻き込んでの、バーチャルリアリティの始動です。

バーチャルリアリティ学会についての情報

スポンサードリンク