バーチャルリアリティの歴史

バーチャルリアリティの歴史

スポンサードリンク

バーチャルリアリティの歴史は、ヘッドマウストディスプレーの開発に始まります。

 

1968年のことですが、その後20年経ち、バーチャルリアリティの言葉が生まれました。
正確に言うと、バーチャルリアリティの言葉の誕生は1989年になります。

 

あれから、約20年。

 

そろそろ新しいバーチャルリアリティということで、ゲームやスマートフォンのアプリに登場。

 

かつてあったヘッドマウストディスプレーがなくとも、子どもももちろん体験できる環境が整っています。
このことは、より身近になってきたということを意味します。

ヘッドマウストディスプレーの存在

バーチャルリアリティの歴史に欠かせないヘッドマウストディスプレーですが、頭部につけるディスプレイで、スマートグラスとも言います。

 

目で見える世界を仮想現実としたものが、バーチャルリアリティの始まりということです。
元々、眼精疲労に対して効果のあるものとしての開発でしたが、その効果が、ものを見るのに仮想的に見えることから、眼精疲労のための開発とともに、徐々にバーチャルリアリティらしいものに変化させていくことに。

 

視覚だけではなく、聴覚も加えることにより、よりバーチャルリアリティっぽくなっていったと言えます。

バーチャルリアリティの世界

バーチャルリアリティの世界は、コンピュータの開発と共に、通信、計測や制御、認知科学などに多岐に渡る応用の方法が存在します。

 

単に娯楽ではなく、医療などでは多大な成果も上げていますし、セキュリティ上でも、ポイントとなっています。

 

日本だけではなく各国の共同開発など、バーチャルリアリティの未来は明るいといえます。

バーチャルリアリティの歴史についての情報

スポンサードリンク