拡張現実

拡張現実

スポンサードリンク

拡張現実とは、人間の五感の環境をコンピュータによって拡張する技術を言います。

 

バーチャルリアリティの一種なのですが、厳密に言うと内容が変わってきます。

 

すべてが仮想現実のバーチャルリアリティに対して、拡張現実は現実の上に仮想を載せることで、いかにも、それが現実であるように見せるものです。
要するに、仮想に見をゆだねるのではなく、現実世界の一部が仮想に形つくられることを言います。
これをコンピュータで表現することができます。

 

別の言い方では、強化現実とも表現されます。

バーチャルリアリティとは違う

バーチャルリアリティの一部の技術を使って、情報提示をすることになります。

 

その際に、本物っぽいバーチャルリアリティではなく、物の説明を映像や音声で行うことで、見ているものが仮想であることを強調するものです。

 

この時に使われるものとしては、ヘッドマウストディスプレーなどですが、これからは、もっと小型なものでの拡張現実世界の実現の技術開発が始まっています。

スマートフォンのアプリ

例えば、スマートフォンのアプリでは、あるビル内の情報を知りたいときに、そのビルにカメラをむけることで、そのビル内の情報を知ることができるものがあります。

 

機密情報というのではなく、レストランや店舗、駅などでの安全管理や防犯に関する一般向けの情報ですが、わざわざ検索をしなくても、そう言った情報を手に取るように現実のものにできると言うのが、拡張現実の一つの手法と言えます。

 

この拡張現実、まだまだ進歩することで、新しい世界が見えてきそうです。

拡張現実についての情報

スポンサードリンク