バーチャルリアリティ

バーチャルリアリティとは

バーチャルリアリティとは、日本語では仮想現実と訳すことができます。

 

コンピュータの世界、音響を使ったもので、人間の五感に与えるものを現実ではないのに、まるで現実のように見せたり、聞かせたりすることです。
それが、五感のうちに一つでも、バーチャルリアリティと呼びます。

 

改めて、バーチャルリアリティというと、すごいことのようですが、ゲームの世界、映像の世界では、ほとんどの方が体験していると言えます。
時に、その仮想現実が本当の現実と間違ってしまうと思えるほど、本物っぽい、まさにリアルに満ちた世界なのでしょう。

 

それこそ、このリアルと言うことば。
最近では、わざわざこんな言葉を使わなくてはいけない世界になったと言うのも、深刻なことといえるのですが…。

 

仮想現実とは

仮想現実とは、与えられた世界に身を委ねることです。

 

現実ではないけれど、実際そこの空間にいることで、それが仮想であることを忘れさせることができるくらい、本物に満ちたものを言います。

 

今の技術では、映像も音楽も現実っぽいものの表現はお手のものですし、それ以上の技術を披露することも可能です。

 

3次元なんていうのは当たり前で、4次元体験(においや風などといった+α)という、まさに仮想現実でしか味わえない世界の表現もできる様になりました。

危ない現実と期待の部分

子どもたちが遊ぶゲームコントローラー、ヘッドマウントディスプレーなどの装置など、おなじみのものが多いですが、それらはバーチャルリアリティのためのもの。

 

自由に扱うことができるのですが、それが仮想であることを、時には忘れさせるほど本物に近いことは、技術革新のすごさがあります。

 

もっと本物に近く、本物よりも本物に、というのが、先進技術ということになりますが、仮想現実と現実の区別がつかないようになるのは不安な事。

 

しかし、バーチャルリアリティによって、ロボット分野などの技術革新か期待されています。

 

バーチャルリアリティについての情報

スポンサードリンク